未成年者利用による悪用、年齢確認の不徹底


援助交際問題と関連し、社会的にも問題になっているのが、18歳以下の未成年者などの出会い系利用です。
世間を知らない学生が、出会い系サイトを利用して出会った大人との間に犯罪に巻き込まれ、ニュースに取りざたされる事が過去に何件もありました。
当時の出会い系サイトは、利用者の自主申告に任せ、年齢確認などの整備がしっかりとされていませんでした。
そのため18歳以下の未成年者が登録し、出会い系サイトを活用し、悪い大人に騙されて性犯罪に巻き込まれてしまう温床になっていたのです。
それらのことを踏まえ、現在では出会い系サイト規制法が整えられ、サイト運営者には利用者の年齢確認が義務付けられています。
クレジットカードや免許証などでの書類確認が必要となっており、今現在の出会い系サイトでは18歳未満の未成年者が利用する事は事実上不可能となっています。
しかしながら、過去報道されたニューズの影響で、未だ出会い系サイトは未成年淫行のイメージがつきまといます。
さらに、一部の悪徳サイトなどでは年齢確認を厳密に行っておらず、全ての出会い系サイトでこのような規制が徹底されていない
現状もあります。
これらの問題が改善されないかぎり、出会い系サイトは社会的に評価される事はなく、その健全性も疑わしいものであると見られてしまいます。

逆に言えば、これらの問題点を改善する事によって、出会い系サイトのイメージは一新され、健全化に大きな一歩を踏み出す事が可能になるのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>