出会い系サイトで未成年かどうかの確認方法


出会い系サイトで成人チェックをする方法としては、下記のように規定に定められています。

1、転免許証その他の当該異性交際希望者の年齢又は生年月日を証する書面の当該異性交際希望者の年齢又は生年月日、
当該書面の名称及び当該書面を発行し又は発給した者の名称に係る部分の提示、当該部分の写しの送付又は当該部分に係る画像の送信を受ける方法

2、クレジットカードを使用する方法その他の児童が通常利用できない方法により料金を支払う旨の同意を受ける方法

また、あらかじめ上記の方法により児童でないことの確認を受けた異性交際希望者に対し識別符号を付与している場合は、それ以降の利用の際に当該識別符号を送信させる方法により児童でないことの確認を行うこととなります。
さらに、識別符号の付与に関する事務については、一定の者に委託することができる。

このように上記のように規定で未成年確認をしなくてはいけないように定められています。
ところが、全ての出会い系サイトが上記のような年齢確認を行っているわけではなく、年齢確認の手法が簡単な自己申告で、どのようにでもできるような
システムを使用している場合もあります。法令を遵守していないような悪質なサイトは、18歳未満の児童が出入りし、事件に巻き込まれるリスクが常にあります。
児童と知らずに出会った場合、その責任は大人側に課せられますので、利用ユーザーにもリスクの高い状況となっています。
しかし、サクラがいないようなサイトは、ほとんどが月額固定費用や、しっかりとした事前審査を設けています。
そのような犯罪に巻き込まれるリスクを回避するためには、年齢確認をしっかりしている、サクラのいない出会い系サイト利用したほうが、遥かに利用者にとっては
安心して使用できる出会い系サイトとなっています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

次のHTML タグと属性が使えます: <a href="" title=""> <abbr title=""> <acronym title=""> <b> <blockquote cite=""> <cite> <code> <del datetime=""> <em> <i> <q cite=""> <s> <strike> <strong>